読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きでもない仕事を40年間も続けたいですか? 「後編」

ライフマネジメント

前半の記事を見てない方はコチラから↓

netks0101.hatenablog.com

 

どうも、kazuです。

 

前半は日本の2つの悪しき風評について
お話しましたね。

・仕事はそもそも辛い
・好きな仕事はできない

今回はどうすれば好きを仕事にできるのか
という具体的な方法を話していきます。

 

好きなことを仕事にする、と決めたからには
今の嫌いな仕事はさっさと辞めて新しい仕事をしよう、
独立をしよう、起業をしようなどと言う人がいます。

 

無謀です。

 

こういった手段はごく一部の天才なら
向いているかもしれませんが、
僕も含めた普通の凡人にはリスクしかありません。

なんでもそうですが、
すぐに理想が叶うわけではありませんよ。


「結果」を求めるなら「過程」が必要です。

 

あなたが好きを仕事にする「結果」がほしければ
今あなたがいる時点から着実に出来ることから
始めていくのがベストなのです。

では好きを仕事にするために
僕らがゼロから始められることとはなんでしょうか?

 

今日からあなたがすべきことを3つご紹介します。

 

 

1、「好き」を自覚する

 

嫌いな仕事や過酷な労働環境はイヤなのは事実だけど
そもそも自分の「好きなこと」が分からない・・・
という人がいます。

 

結論から言うと
自分の好きなこと、やりたいことはなんだろう
と悩んでいる人は「嘘つき」です。

 

誰しもが好きなことがあるし、
やりたいことがあります。


ただその好きレベルがプロに勝てないとか、
他人に勝っていないとか、常に比較をしているから
自信を持ってこれが好き!と言えなくなってしまってるのです。

 

あなたの「好き」はなんですか?

 

この問いかけをするとほとんどの人が
「あなたの人より長けている点はなんですか?」
と同意語で解釈します。


・寝るのが好き・このスポーツが好き
・漫画を読むのが好き・遊ぶのが好き などなど

なんでも構いません。
自信を持って言えばいいのです。


誰にも強制されていないのにあなたが
自発的にアクションを起こしたくなるもの、
それがあなたの「好き」なのです。

 

「童貞救済神器」

 

TENGA(テンガ)って知ってますか?爆
あの赤いやつです。白い縞模様があるあれです。

女性性器を大のオトナが真剣に研究して作ったであろう
童貞救済神器のひとつ。


急に18禁トークで申し訳ないのですが
あれ作った人、絶対オ◯ニー好きですよ。たぶん。
でなければ発想できないです。

でもそれは人が大声で言えないようなことに対しても
自信を持って好きだと自覚してたから成せたんです。

 

テンガを見習ってどんなことでもいいので
まずは素直に好きを自覚してください。笑

 

 

2、「好き」を育む

 

自覚をしたらあなたの「好き」をもっと育んでください。

 

育むとはつまり、お金・時間・情熱をそそぎ
より好きなことに対して知識や経験を増やすことです。

 

例えば漫画を読むのが好きなら
今以上に漫画にお金を使って読んでみたり
いつも見ない漫画を見てみたり、
漫画の歴史を調べてみたりするのです。

 

そうやって知識や経験が増えると
「好き」がもっと好きになるはずです。

 

あなたの人生における大切な時間

 

そしてこの時間を人生において大事にしてください。
優先順位をあげてください。

仮にあなたが嫌いな仕事をしているのなら
仕事なんかよりこういった「好き」に費やす時間の方が
よっぽど大事ですからね。間違えてはいけません。

 

「でもkazuさん、そうはいっても毎日
仕事やらなんやらで忙しくて時間が作れないんですよ・・・」

 

と言うかつての僕と同じ境遇の方も
慌てる必要はありません。

初めにお伝えしたように
あなたのライフスタイルの中でできる範囲でOKです。

 

忙しいなら1日30分だって、10分だっていい、
いつもより少しだけ時間を作りましょう。

 

 

3、「好き」を「価値」に変える

 

突然ですが、
仕事の定義とはなんでしょうか?

色んな表現ができると思いますが、
僕は「価値」を作り出すことだと思います。

f:id:netks01:20170408132030j:plain

 

資本主義の原理原則

 

価値が生まれれば誰かの役に立ち、その恩恵として
会社や個人単位でお金という成果報酬が与えられる。
これが資本主義のルールです。

 

すぐさまあなたの「好き」を生活の軸にしたり
主となる仕事にしたりするのは難しいかもしれませんが、

 

あなたの「好き」を「価値」に変えること
から始めましょう。


好きなことをしていてもお金にならない原因は
誰の価値にもなっていないからです。

ただの趣味・自己満では
誰にも喜びや価値を提供していないからです。

 

逆に言えばあなたの好きなことが
誰かしらの「価値」になれば
お金は稼ぐことができるのです。

 

価値とお金は交換できる

 

覚えておいてほしいのですが
資本主義では価値とお金は交換できます。

そのため価値についてのお話は収入と直結するため
話が尽きないですし、より深くお話をしていきたいのですが、

価値を上手に扱うことがお金稼ぎの秘訣
と表現することもできますね。

 

・・・・・

 

ここまで読んでいただいでどうでしたか?

 

要するに僕があなたにお伝えしたいのは
好きで仕事をすることやお金を稼ぐことは
誰しもができる、ということです。

 

もし僕の意見に賛同してもらえるのなら
あなたは仕事が辛いという日常から解放され
近い将来「好き」を仕事にして毎日笑顔が絶えない
日常を送ることが出来るようになります。

 

ここから先は
もう少し突っ込んだ内容になります、

 

・好きを自覚するための詳細なアクションプラン
・忙しい人でも「好き」を継続する秘密
・「好き」を「価値」に変えてお金を生み出す具体的な方法

 

興味のある方は極秘でお伝えしようと思いますので
よろしければLINE@にて友だち追加しておいてください。

友だち追加

 

好きでもない仕事を40年間も続けたいですか?「前編」

ライフマネジメント

どうも、kazuです。

 

もし働かずとも
給料と同じお金が毎月手に入るとしたら

あなたは今の仕事を続けますか?

この問いかけに即座に「YES!」と
答えられた人は記事を読む必要はありません。


今回はこの質問に対して
「YES」と答えることができなかった人や
考え込んでしまった人に向けて書きます。

 

テーマは
好きなことを仕事にする方法です。

続きを読む

文章 × インターネット=不労収入

ライティング

どうも、kazuです。


今回は影響力のある文章の書き方

についてお話していきます。

もしあなたが人の心を虜(とりこ)にする文章を

すらすらと書けるようになれば、


お金の悩みから解放され
インターネットで
お金が稼げるようになります。

続きを読む

世界一「〇〇しない」日本の20代

インスピレーション

どうも、kazuです。

悲惨な記事がありました。

アメリカ の政治学
ロナルド・イングルハートなどが中心となって
1980年代から5年ごとに行なわれている
「 世界価値観調査」というものがあります。 


これは「 最も信頼度が高い国際比較調査」
とされているのですが、

それによると日本人の20代は世界で最も

続きを読む

知らなきゃ損する!インターネットビジネスの魅力

どうも、kazuです。

  

今回は、インターネットビジネスの魅力について
お伝えしようと思います。

 

正直なところ、お金や時間が今以上に必要なら

 

誰もがネット上でビジネスを
やるべきだと確信しています。


もったいないんです。怪しそうとか、
危なそうとか、安定しなさそうとか、
そういう考えはどうでもよくて

 

事実としてネット使って月200万、1000万
なんなら数億円って規模のお金をノーリスクで
稼いでいる20代とかがわんさかいる世界です。

 

副業でこっそりネットビジネスやって
同僚たちの中で1人だけ収入が3倍くらいあって
ニヤニヤしてる人、いるんです。

 

そしてそういう事をあなたも出来るチャンスが
インターネットビジネスにはあるんです。

 

3ヶ月後に20万円稼げてるかもしれません、
半年後に100万円稼げてるかもしれません。
この魅力を知るべきだと思うのです。


やってみて、ダメだったらやめればいいし、
やってみてうまくいったら続ければいいんですよ。

かつての僕のように酷くつらい日常を送っている人は
打開策になるかもしれません。
(脱社畜や嫌いなバイトからの逸脱など)

じゃあどんな魅力があるのかというと、
まずネットビジネスをある程度続けていくと、

 

圧倒的な時間とお金の
自由が手に入ります。

f:id:netks01:20170306102300j:plain

続きを読む

「お前人生で、本当は何して生きていきたいの?」

ライフマネジメント

どうも、kazuです。

「お前人生で、本当は
 何して生きていきたいの?」

 f:id:netks01:20170217152807j:plain


もしかつての僕が
誰かにこう問われたら、
黙り込んでしまう姿が目に浮かびます。


同じように
なかなか答えられない人も

多いのではないでしょうか?


なぜこのような現象が
起こってしまうのかというと、

続きを読む

インターネット=詐欺?

インターネットビジネス

どうも、kazuです。

 

あなたは、
インターネットビジネスと聞いて
どんな印象を持ちますか?

 

「なんとなく怪しい…」
「詐欺なんじゃないのかな…」

みたいな概念が瞬間的に
頭をよぎる人もいると思います。

 


その原因は、変な人が増えているから
ということもあるのですが、

 

知らない間にメディアなどの
影響を受けてしまっているからです。

 

歴史背景も含め詳しく説明しますね。

 


2000年の頃、世間から

「詐欺集団だ!」


と大多数の人やメディアから
バッシングを受けてた企業らがありました。

f:id:netks01:20170207103413j:plain


それがインターネット関連会社、

俗に言う”IT企業”です。

 

「インターネット関連のことをやっている」

と言うだけで企業は
詐欺扱いをされる風潮で、

 

「実態のないもので商売をして信用ができない。」

と古い体質を維持しようとする
ひとたちからの批判の嵐でした。

 

 

その標的になっていた代表格が、

 

楽天
ソフトバンク
サイバーエージェント
ライブドア

などでした。

 


しかしです、今はどうでしょうか?

 


多くの人たちが日常生活で、
iPhoneソフトバンク)を持って
LINE(ライブドア→現NHN)でやり取りし、
楽天市場楽天)で買い物をし、
アメブロサイバーエージェント)を見ています。


詐欺集団と言われていた
企業らのサービスを
大多数の人たちが利用してます。

 

あなたもよく使う
サービスがあると思います。

 


僕がここで何を
お伝えしたいのかというと、

 

世に出た当初は猛烈に批判されていたものが、
後で「多数派」になっていくということです。

 

それが「いつの時代でも変わらない」
普遍的な原理なんです。


おそらく言葉でしか成り立ってなかった社会で、
紙や文字が誕生した時には批判をされたでしょう。


戦国時代で鉄砲が外国からやって来たときには
未知の物体に誰もが疑いを持ったでしょう。


地球を中心に
太陽や
その他の惑星が回っていると
信じられていた時代に、

太陽を中心に
地球が回っていると唱えた人は、
酷く中傷されたでしょう。


サムライが当たり前だった時代に
商人の道を選んだ者たちは
こぞってバカにされたでしょう。


・・・なんとなく分かりますか?

 

先駆者たちはいつの世も酷評され
その後、時代が追いついてきます。

 

先ほどお伝えしたように
インターネットはバッシングをされてきました。


一方で、


今ものすごいスピードで

時代がインターネットの参入を
許すようになってきています。

だからこそネットを使うこと自体には
もう珍しさや抵抗はないはずです。


しかし、

ネットからお金を生み出すこと、
月収何百万とか月収何千万とか
稼いでいくことは多くの人たちにとって
信じられないことだろうし、抵抗があると思います。

なので、今はあなたの周りの人に
それを言ってもあまり理解されないと思います。

もしかすると批判を受けるかもしれません。

 

でもですよ?


これも数年もすればやがて
「そんなの当たり前じゃん」

 

となってもなんらオカシくはないのです。
歴史がそれを証明してくれていますし、

 

雑誌やメディアを注意深く見れば
副業に対するニュースも増えていることが分かります。


例えば2016年12月26日の日本経済新聞の記事で

サラリーマンの副業が原則容認になる
と言う記事がありました。(参考にどうぞ)

     ↓ ↓ ↓

www.nikkei.com


「副業当たり前」「ネットで稼ぐの当たり前」

 

ネットのお金稼ぎや副業戦国時代
になった時に始めてもライバルも多く、
今より稼ぎにくい状態になることは間違いありません。


逆に、参入時期が早ければ

早いほど自分が有利になるんです。

 

こういうのをビジネスの世界では
先行者利益”と言います。

 

 

あなたは今こうやって
僕の情報発信を読んでいる時点で、
既にアドバンテージは高いんです。

まあ普通の人は読まないと思います(笑)
それが現時点は普遍原理なんで。


ですので、


あなたは「やる」と決めたら、
周りの会社の同僚や友達、家族などの
評判など気にせずに自分を信じて行動していってください。


1日でも早く前に進んでいかないと
本当にチャンスを逃してしまいますよ。


ではでは、今日はこのへんで!