読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由に憧れPC1台だけで稼ぐようになった元クズ学生のブログ

バイトを辞めなくても、貯金がなくても始められる!サラリーマンでも、専業主婦でも、フリーターでも、学生でも出来てしまう!1つの組織や場所にしばられないでPC1台お金を稼いで生きていく自由なライフスタイルで生きていくための具体的な方法とは〜基本的心構えから、具体的な仕事・収入構築法・思考の実践トレーニング術までを公開。

影響力のある文章の書き方

ライティング

どうも、kazuです。

今回は影響力のある文章の書き方
についてお話していきます。

f:id:netks01:20170214121021j:plain

もしあなたが
人の心を虜(とりこ)にする文章を
すらすらと書けるようになれば、

お金の悩みから
解放されるようになります。

つまり経済的に豊かになれる
ということです。

なぜなら、

web上で商品を販売することが
できるようになるからです。

・・これだけ聞くと
地味な効果に聞こえますが、

この「凄さ」が分かる人なら、
雷が直撃したかのごとく衝撃が走るほど
素晴らしい能力です。

今はものが溢れています。
消費者はワガママになり、
好き嫌いをするようになりました。

つまり商品が簡単には
売れない時代なのです。

そんなご時世で求められるのは、

商品の価値を最大限に高め
相手に伝えることができる人材です。


そうなれば世の中で求められる
人材になることができますし、
ネットからお金をガチで稼げるようにもなります。

販売力を持っている、
ということが肝です。

で、基本的にインターネットでの
情報の伝え方は文章です。

もしあなたが文章スキルを

技術として極めてしまえば、
ガラクタでも石ころでも
何でも売れる人になれます。

売れればもちろん
お金になりますので、

一度身につけてしまえば
飢え死にすることもなくなります。

気が向いたらパソコンで文章を書いて
お金を稼いで、あとは自由気ままに
遊んでるだけでいいライフスタイル。

魅力的ですよね、

ネット社会になっていく世界で
最も重要な技術ですので興味があれば
目をカッと見開き、集中して
記事を読み進めていってくださいね。

 

で、魅力ある文章を書くコツは
たくさんあるのですが、

今からお伝えする内容は知るだけで

初心者でも数十倍自分の文章価値を
引き上げてしまうテクニックです。

 

あなたの文章を見ただけで、
読者の脳は「ビクンビクン」と反応し
アドレナリンが大量に放出されて
あなたの言葉の中毒者になってしまうのです。


そのテクニックとは、
出来るだけ具体的に書くことです。

日本人は抽象概念が好きなので
アバウトな文を書いてしまいがちです。
例えば、幸せになりましょう。

という文章を、


30日で20万円を稼ぎ
請求書から追われる生活から
解放され、大好きなビールを毎日
飲める幸せな生活を手にしましょう。

こんな風に具体的に伝えれば

相手の脳幹を揺さぶる文になると思います。

できるだけ細かく
書くことがポイントです。

相手が脳内で
リアルにイメージが出来て、

感情がゆらゆら
揺れ動くことになります。


具体的にどうやって
文字におこすのかというと・・

 

5感に訴えかけることです。
(視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚)

あなたの持つ感覚器官で
感じたことをそのまま文字にすることです。

例えば、友達と公園に行って
一緒に駆けまわったことをイメージさせる場合、

そよそよと風が吹く青空の下、
緑いっぱいの芝生の中に
アスレチック遊具がある公園で
友だちと2人夢中に駆け抜けた。

こんな感じまで描くと
鮮明にイメージできると思います。

リアルなイメージを作るのは
少しコツがいるのですが焦らず、
段々と身に着けていきましょう。

ーーーーーーーーーーーー
ステップ1
イメージさせたいものを思い浮かべる。
ーーーーーーーーーーーー

ステップ2
思い浮かべたものを
5感(視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚)を
刺激するフレーズを使って書き上げる。
ーーーーーーーーーーーー

擬声語などを使ってもOKです。

 

例えば、

視覚←広い、壮大な、青い、

見える、遠い、鮮やかな…

聴覚←ざわざわ、プシューッ、ビュービュー、
ドッカン、バリッ、うなる、鳴る、叫ぶ..

触覚←さわり心地、柔らかい、ザラザラしている..

嗅覚←ツンとする匂い、香り..

味覚←美味しい、不味い、辛い、しょっぱい…

などなど

練習を重ねれば圧倒的に
人を引き寄せる文章を書くことが
できるようになります。

参考にして
ぜひ実行してみてください。

web上で芸能人とは程遠い
無名一般人からでも
すぐ人気者になれると思います。

最後までお読みいただき
本当にありがとうございました。