読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハーバード出身のビジネスマンと田舎漁師の話

どうも、kazuです。

今回は面白い話を見つけたので
あなたにもシェアしますね、

ーーーーーーーーーーーーーーーー


メキシコのとある田舎町。
アメリカ人旅行者と地元の漁師が会話をしています。

story

旅行者
「それ、すばらしい魚だね。
 どれくらいの時間、漁をしていたの?」


漁師 
「そんなに長い時間じゃないよ」


旅行者
「もっと漁をしていたら、
 もっとたくさん魚が獲れたんだろうね。惜しいな〜」


漁師 
「でも、自分の家族が食べるには、これで十分だよ」


旅行者
「それじゃあ、あまった時間で
 いったい何をするのさ?」


漁師 
「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。
 戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタして。
 夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、
 歌をうたって・・・これでもう一日終わりだね」


すると旅行者は、急に真剣な顔になり、
漁師にこう提案しました。

story


旅行者

「ハーバード・ビジネス・スクールで
MBAを取得した人間として、君にアドバイスしよう。
いいかい? 君は毎日もっと長い時間漁をすべきだ。
それであまった魚は売る。


お金が貯まったら大きな漁船を買うといいだろう。
漁獲高は上がり、儲けも増える。そして、儲けたお金で
漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。


やがて大漁船団ができるまでね。
そうなったら、仲介人に魚を売るのはやめだ。
自前の水産品加工工場を建てて、
そこから魚を世界中に輸出するんだ。


その頃には、君はこのちっぽけな村を出て、
メキシコシティに引っ越しているだろうね。
ロサンゼルスやニューヨークで家を持つことだって可能だ。


君は、マンハッタンのオフィスビルから
企業の指揮をとるといいよ」


漁師は尋ねた。

「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」


旅行者
「20年、いやおそらく25年もあれば、そこまでいくね」


漁師
「なるほど。それからどうなるんだ?」


旅行者
「それから?  そのときは本当にすごいことになるよ。
 今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ!
 そうなれば、もう働く必要はないよ」


漁師「それで?」


旅行者
「引退したら、海岸近くの小さな村に住んで、
 日が高くなるまでゆっくり寝て、 日中は釣りをしたり、
 子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、
 夜になったら友達と一杯やって、
 ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。
 どうだい? すばらしいだろう!!」

ーーーーーーーーーーーーーーーー

最後の旅行者の言葉には
とても皮肉が入っていますよね

この話の趣旨はずばり、


人生のための仕事になっているか
仕事のための人生になっているか

という「働くこと」に対する
強い指摘をしている物語です。

この2人どちらが幸せだと思います?

ほとんどの人は漁師と
答えるんじゃないでしょうか。


僕もそう思います、


なぜなら漁師さんは
人生において大切にすべきものをしっかり
見据えることが出来ているからです。


あなたの時間、家族との時間
趣味や余暇の充実 etc...


初めからしっかり兼ね備えたうえで
必要最低限の資金力を身に着けています。


「漁師から学ぶべき点」
お金に霞むことなく、

自分の大切なものを大事にすること


仕事ばかりしてる人は
忘れかけてしまいがちですね。

お金のため、お金のためって働いて
本当に大切にしたいことを蔑ろにする。

 

お金はあくまで手段であり、
もっと大切なものに1度
目を向け直すことが大切ですよね。



「うーん、深い。。漁師さん流石だなあ」

と感心しそうな感じもするのですが、
旅行者さんの基本思想にも
学べることがあると思います。


それは、

「変化しようとする思考」

ただぼんやりと漁を見た時に、


そこにもっと〜だったらこうなるのに、、
という変化を加えようとする思想。


はじめの冒頭に何気なくありましたが
これは普通の人が
簡単に出来ることでもないし、


僕は変化を求めている人の方が
大成すると信じています。


変化を受け入れる勇気
昨日の自分より今日の自分
日々、成長を望む気持ち


変化のない人には退化しか待っていず、
不変なんてものはこの世にあり得ません。


漁師さんは一見、素晴らしいのですが、
彼が変化を求めている人間かと言えば疑わしい。


変化を暗に求めている旅行者の方が
きっとたくさんの経験や知識を得て、


たくさんの「葛藤」と「喜び」
「未知の世界に足を運ぶ力」
持っているんでしょうね。

 

どちらが正しいというわけではありませんが、
どちらからも学ぶことがありますね!


あなたはこの話を聞いて
どんなことを感じましたか?


最後までご覧いただき
本当にありがとうございました。