文章 × インターネット=不労収入!?

どうも、kazuです。


今回は影響力のある文章の書き方と
不労収入の作り方についてお話していきます。



もしあなたが人の心を虜(とりこ)にする文章を

すらすらと書けるようになれば、


お金の悩みから解放され
インターネットで
お金が稼げるようになります。

つまり経済的に豊かになれるということです。


なぜならweb上で商品を販売することが

できるようになるからです。

 

・・これだけ聞くと
地味な効果に聞こえますが、


この「凄さ」が分かる人なら、
雷が直撃したかのごとく衝撃が走るほど
素晴らしい能力です。


今はものが溢れています。

消費者はワガママになり、
好き嫌いをするようになりました。

 

つまり商品が簡単には売れない時代なのです。


そんなご時世で求められるのは、

商品の価値を最大限に高め
相手に伝えることができる人材です。

そうなれば世の中で求められる

人材になることができますし、ネットから
ガチでお金を稼げるようにもなります。


販売力を持っている、ということが肝です。


で、基本的にインターネットでの
商品の販売、情報の伝え方は「文章」です。

 

もしあなたが文章スキルを技術として極めてしまえば、
ガラクタでも石ころでも何でも売れる人になれます。

売れればもちろんお金になりますので、

一度身につけてしまえば
飢え死にすることもなくなります。 

 

また文章を扱うと言葉が巧みになり、
コミュニケーション能力も向上し、話し上手にもなれます。

相手の心を揺さぶるパワフルな力を
身につけることが出来ます。

 

ただ1つ僕が危惧してることがあるとすれば
このスキルを悪用される可能性があることです。

 

人間社会において、
とても強力な影響力を秘めているので
悪い人にこの技術を活用すれば
人をだますこともできるのです。

 

もちろん、正しい人が身につければ
いい方向へ導く指導力にも繋がります。
人がおのずとついてくるのです。

「・・一体なんなんですか?」


という質問を投げかけられそうなので
スバリ申し上げさせていただくと、

 

魅力的な文章を書くスキルとは、

 

コピーライティングです。

 

 f:id:netks01:20170214114523j:plain

 

これはセールスや集客といった
ビジネス活動に使われる文章の書き方なのですが、

 

ひと言で言うと、コピーライティングとは、

 

人を行動させる文章です。

 

ネット上は文章文化なので
この情報空間で魅力を作り出し、

ビジネスを展開していくためには
コピーライティングを使った文章が必要です。

 

コピーが書ければ
ネットの副業で有名なアフィリエイトなどでも
月に10万円くらいすぐ稼ぐことが出来ます。

 

たった1日で10人や20人集客をすることも出来ます。

一度書いた文章は消えることもないので
商品が売れる仕組みを文章で作り上げれば
勝手に商品が売れ、自動収入源を得ることもできます。


とても魅力的なのですが、同時に
優れたコピーを書ける人はなかなかいません。


なぜなら、日本はセールスが
嫌いな人が多いからです。

どうしても売ること=押し売り・悪いこと
みたいな固定観念が根にある社会なので
コピーやセールスにどこか
罪悪感を持ってしまう人が多いのです。

 

逆にコピーが書けるってだけで
需要がすごく高い人間になることが出来ます。


企業から土下座されて
採用枠をもらうことが出来ます。

優れたビジネスマンと
パートナーシップを組むことも可能です。

で、コピーを書けるようになるには
様々なテクニックや考え方があるので
ひとことで話せるものでもないのですが、


今回はコピーを書く上での
テクニックをご紹介します。


「テクニック・その1」
興味性を作り出す

 

興味があれば
人は続きを見たくなります。

興味とはつまり、
未解決であるということです。

 

例えば、パズルがあって
1つだけピースが埋まってなければ
意地でも埋めたくなりますよね。


そんな1つ穴があいてる状態のことを
興味と言います。

 

ディズニーランドは完成しない、
というお話をご存知ですか?

 

f:id:netks01:20170214120611j:plain


「ディズニーランドは永遠に完成しない。
世界に想像力がある限り、成長し続けるだろう」

 

この言葉はディズニーの生みの親である
ウォールトディズニーが周りの人間に
常々、語っていたことで

現状に満足しないことを焦点においた結果
生まれた発言ですが、

この未完である、という点が
興味性を生み出し好循環を作り出してますよね。

 

この完結しない姿勢を作り出すことが
コピーを書く上で大事な要素です。

 

ネット上で文字を扱う時は
つねに興味性を意識しながら文章を書いてみましょう。



テクニックその2・・・

はまた別の機会にお伝えしますね。
ちょっと時間がなくなってしまいました笑

 

僕自身コピーのプロから
ライティングスキルやビジネスを学んだのですが
今でもその選択は正しかったと確信してます。


コピーについてはまだまだお伝えしたい内容が
たくさんあります。

 

このブログでも
随時公開していきますので
参考にしてみてください。

 

ではでは、

 

最後までご覧になって頂き
本当にありがとうございました。

 

 

追伸1:本当に最高のスキルです。

文字を扱えるようになると世界を変えれます。
証拠はコチラの動画を。

youtu.be