読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由に憧れPC1台だけで稼ぐようになった元クズ学生のブログ

バイトを辞めなくても、貯金がなくても始められる!サラリーマンでも、専業主婦でも、フリーターでも、学生でも出来てしまう!1つの組織や場所にしばられないでPC1台お金を稼いで生きていく自由なライフスタイルで生きていくための具体的な方法とは〜基本的心構えから、具体的な仕事・収入構築法・思考の実践トレーニング術までを公開。

なぜクズ大学生だった僕が独立やビジネスという道へ歩むことを決意したのか

どうも、kazuです。

今回は僕がPC1台お金を稼ぐ道へ
歩んだ経緯を振り返ってみます。

僕は今インターネットを活用して
お仕事したりビジネスを展開したり
してるわけなのですが、


そもそもビジネスには
興味すらありませんでした。

 

   f:id:netks01:20170215232712j:plain


ネットで稼ぐって難しそうだし、
信用できないものばかりだなあと思ってました。

人に流されるがまま
ごくごく「普通」に生きていました。

親も経営者でもなく
普通の一般人でした。


じゃあなぜ自分でビジネスを始め、
個人で稼ぐ道へ進んだのかというと

 あの時ちょっと「不幸せ」だったから
だと思います。



当時は大学2年だったので、もうすぐ始まる
就活がイヤだなあって焦っていたし、

大学へ行ってもろくに得るものがなくて
家族に迷惑かけているなあって
自責の念があったし、

バイトを嫌々して、情熱を持つことなく
ただ生活費のためだけに働いてる自分って


「なんだか、時間無駄にしてるよなあ」
ってよく思っていました。


そんな悩んでいた時、

ふと家の家の本棚にあった
本の裏表紙の文字が目に入りました。

(確か受験時に使ってた何かの
参考書だったと思います、たぶん)

そこにはこう書かれていました。


よき書物を読むことは、
過去の最も優れた人達と
会話をかわすようなものである。

これは近代哲学の祖である
ルネ・デカルトの言葉です。

「我思う故に我あり」
とか言ってた変なおっさんです。

この言葉を見た時に
なぜか当時の僕は妙に腑に落ちました。


人生の先輩たちからのアドバイス
こんな近くにあったのです。

「そうだ、京都 本読もう。。」
くらいのノリです。

 

f:id:netks01:20170216030034j:plain

 

わりかし人生に悩んでいたので
なんか本読んでる人って頭いいし、
同じことしようくらいの感覚でした。

で、とりあえずタイトルに惹かれた本や
有名な本を探して読みまくりました。

大学の図書館とか行くと
意外とたくさんあるので借りまくってました。


正直、昔は読書が大キライで
学校の読書期間にパラパラ見るくらいだったので
真面目に本を読むというのは僕にとって
すごく「新鮮な行為」でした。

で、その時まず思ったのは
 「本、おもしろっ!!」でした。

「勉強になるなあ、なぜ
 読書してこなかったんだろう。。」

後悔したくらいです。


過去の偉人達との対話って、
ホントその通りだなと思いました。

読書の方が大学の先生の話より勉強になる
とか思ってました。

色んな本を読んだので
ここで全部紹介は出来ませんが
とくに印象深かった本は以下です。


興味があればぜひ読んで下さい。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

1【スタンフォードの自分を変える教室】

自己コントロール力について
科学的な理論や実証に基づいて
分かりやすく書いてある本です。

2【自分を超える法】

成功するための心構えはもちろん、
具体的な方法やプロセスまで描かれているかなり稀な本。
今読み返してみると非常に洗練された本だと納得できます。

3【金持ち父さん貧乏父さん】

かなり有名な名著。読みやすいので
お金の勉強をするためにまずは読んでみるといいかも。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

で、本を読んでほんの少しマジメ君になった僕は、、
就職はやめよう、と決意しました(笑)

日本ではまだ、正社員であれば安心だ
という幻想が根強いと思います。

しかし、終身雇用・年功序列という構造は
もう崩れさっています。


2015年に厚生労働省が発表した調査によると
現在お仕事をしている人たちの中で
非正社員非正規雇用)の割合は4割。

4割ですよ、4割。

一人あたりで考えるとケツから下は
非正社員ってことです。違うか。


まあ、とにかく正社員も派遣やフリーターも、
大きな差はなくなってきました。

事実、バイトしていた時に
正社員より稼いでいるバイトの人を
何人も見たことがあります。

それに即戦力でもない新卒に、
卒業の1年前から内定を出すことは
会社にとってリスクです。
(しかも3分の1は3年以内に転職する。)



 労働力だけなら外人でも充分、

・安い賃金で喜んで働いてくれる外国人
・高い賃金でも「安すぎる!」と不平不満をたれる日本人


あなたが会社を経営していたら
どっちを雇いたいですか?

会社が赤字になったら
どっちを選択しますか?

 

大量生産、機械化、
ネット化された社会。

f:id:netks01:20170215232946j:plain

ただの労働力として会社の歯車になっていても
今の時代、ヒトに価値は生まれません。

これらの事実をどう捉えるかは
個人の自由ですが

就職をして長い時間、
イヤイヤ会社に縛られる人生は
僕の理想とはかけ離れたものでした。

 

もちろん別の要因も重なった上で
決めたことですが、本の影響は大きかったですね。

その代わり、


自分で稼ぐ力を
身につけようと思いました。

 

さすがに仕事がなくなって
ホームレスになるのは嫌でしたから
まずはお金に目がいきます。

でも逆に稼ぐ力さえあれば
人生をコントロールできると思いました。


それさえあれば好きなこともできるし
会社に雇われなくてもいいし
会社が潰れても安心だし、
人生が豊かになると確信しました。

もともと就職に違和感は持っていましたが
やっぱり自由に生きたいですもん。

  

「よくそれだけで辞めるとか決意できるな
甘いよ、必ず自分で稼げるわけじゃないだろ・・・」

 

これが世間一般の意見だと思います。

分かります。

「不安」だからこういう意見に
なるんですよね。

会社に雇われないと生きていけないと
依存しきっているからですよね。

「安定・安全」が
人生にほしいからですよね。

僕も同じです。

不安は嫌です、安定がほしいです。

 

だからやるんです。

 

不安だからたとえひとりでも
ネットで稼げる力がほしかったし、

サラリーマン以上に安定がほしいから
長い人生のうち早めに
自分で稼げるようになりたかったし、

僕には必要性がありました。


もし僕のことをよく辞める決意ができるな、、と
思った人は僕より必要性がないんです。

当時の僕より優秀なんです。

なんとかなると思ってるんです。

かつての僕は
あなたより人生に不安でした、
あなたより安定を望んでいました、
あなたより不幸でした。


だから自分で稼げる力をつけると
覚悟できました。

これが、僕の結論です。


で、結果論うまくいったので
僕は就活などしてませんが、

たとえ就職していたとしても
自分で稼げる力を身につけるのは必要だと思います。

時代背景からも今後サラリーマンが
生きづらい時代になることは確かですし、
副業解禁もどんどんしてる企業ばかりです。

      ↓ ↓ ↓

shuchi.php.co.jp

 

それに日本にいれば飯はホームレスだって
食っていけるわけです。

もっと自分のやりたいこと
好きなことを手に入れるために
より多くのお金を稼いでいいと思いませんか?

たった一度の人生なんですからね。

後悔のない人生を生きましょう。

 

最後までご覧になって頂き
ありがとうございました。