読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きでもない仕事を40年間も続けたいですか?「前編」

どうも、kazuです。

 

もし働かずとも
給料と同じお金が毎月手に入るとしたら

あなたは今の仕事を続けますか?

この問いかけに即座に「YES!」と
答えられた人は記事を読む必要はありません。


今回はこの質問に対して
「YES」と答えることができなかった人や
考え込んでしまった人に向けて書きます。

 

テーマは
好きなことを仕事にする方法です。

好きなこととは、あなたがたとえお金を貰わなくても
素直にやりたいと思えることです。

その情熱が心の底からフツフツと
湧き出るような活動のことです。

 

あなたは好きでもない仕事を
40年間も続けたいですか?

 

そんなことないですよね、

 

寝ている時間を割いたら
人生の半分くらいは仕事するわけですから。


誰もがイヤなはずです。


ではなぜほとんどの人はそれを理解しつつも
好きでもない仕事を続けているのでしょうか。


なぜ冒頭での問いかけに
YESと答えることができなのでしょうか。

 

2つの悪しき風評・・・

 

その原因は、日本の暗黙のルールとして
信じ込まれている悪しき2つの風評のせいなんです。

 

その1、仕事はそもそもつらいもの

 

世の中のほとんどの人は仕事が辛いと思っています。
厳密に言えば思い込まされていると言った方が正しいでしょうか。

ある統計によると新入社員の3分の1は
仕事を辞めたいと思っているそうです。

僕の同級生はその世代が多いのですが
2年目にしてすでに会社を辞めた人も沢山いますし、
ほとんどの友人が職場環境を嘆いてるので
この統計はかなり正確な真実だと思います。

 

過酷な労働環境の正当化


仕事が辛いという風評が世にあると、
日本の過酷で不当な労働環境が正当化されます。

過酷が当たり前、仕事は辛くて当然
苦しくないなら働いていないとイコール
過酷な労働こそ美徳である

これは過労を強いるためのまさに洗脳です。

 

資本主義という利益を追求している社会の中で
こういった洗脳を過度に行い、会社経営をしている
経営者や会社があるのは事実です。


大手企業三菱グループ
「三綱領」という根本理念をご存知ですか?

f:id:netks01:20170407180953p:plain


その1つに「所期奉公」というものがあります。

 

この経営理念は一般的に
社会への貢献という解釈をされていますが、
「所期奉公」という言葉を調べてみると

「所期」とは「期待するところ」
「奉公」とは「雇われて家事や家業に従事すること、身を捧げること」

という意味です。

 

この言葉が出来た140年前の「奉公」という言葉に
お国や社会への貢献という意味はありません。


家元に尽くしなさい、という意味です。


つまり創設者の意図が意訳され、
万人受けするように捻じ曲げられています。

三菱グループに怒られるかもしれませんが
経営が始まった当初から創設者は堂々と宣言しているわけです、

「従業員よ、三菱の、奴隷になりなさい」


別に悪口を言ってるわけではありません、
歴史と言葉の背景を辿ればそういう意味なのです。

 

「三菱の奴隷になることで
あなたの得られなかったお金が手に入りますよ。」

と言っているわけです。これが本来の資本主義です。


現代ではこの事実をハッキリと教えてくれる人が
なかなかいませんが資本主義の雇用制度は、
奴隷制度と酷似しています。


こういった体制に対して
過度に言及するつもりはありません。

 

職業選択の自由もあるし、洗脳されまくって
過労な現場を自分のやりがいだと勘違いして
受け入れている個人も中にはいますから。

1つの選択肢としてはありでしょう。

 

しかし、もしそこに不満や違和感を感じているのなら
やりたいことが出来なくてつらい仕事をするのが普通
やりたいことを出来ている人が特別、

 

という狂った洗脳に
あなたは染まる必要はないと思います。

 

たった一度の人生、もっと自分らしく、
やりたいことを素直に行えるような生き方を
模索すべきではないでしょうか。

事実そういう人たちも沢山います。

 

その2、好きなことは仕事にできない
(出来るのはごく一部の優れた人のみ)

 

ほとんどの人は、
好きな事で仕事をするなんて

本当に一握りの優れた人間が
「好き」を極めることによって
達成できるものだと思っています。

例:走るのが好き⇒プロのマラソン選手になる
  ゲームが好き⇒プロのゲーマーになる

 

しかし、好きなことをして
お金を稼いだり仕事をすることは、誰でもできます。
ちょっとした工夫とノウハウ、考え方で実現できます。

 

「好き」は仕事にできる

 

現に僕は大した技術も才能もありませんが
「好き」を仕事にしたり、収入にしたり出来ています。

僕の多くの知人も好きなことでお金を稼いで
人生を楽しんでいる人がたくさんいます。

 

・仕事はつらい 

・好きなことは仕事にできない

 

これら2つの洗脳から解放されてください。

 

あなたの脳内でパラダイムシフトを
起こす必要があります。


あなたの仕事はつらくなくなるし、
好きなことで仕事をしたり
お金を稼いだりすることは可能なのです。

ではどうすればこの2つの洗脳から自由になって
好きなことを仕事にできるのか?

 

誰でも可能です、特別な才能も必要ありません。

もちろん、あなたでも可能です。

 

その方法は後半の記事で解説しますね。

 

⇒好きなことを仕事にする方法・後編を読む